ちょっと前に骨盤ダイエットという言葉が美容の流行語のような感じになっていましたね。
今ではすっかりと定着した感じのあるキーワードです。

最初に骨盤ダイエットが広まった時は「頑張ってダイエットをしてもなかなか痩せられないという人は
骨盤が歪んでいることが原因!」というような形でブームになっていましたね。

それ以来骨盤とダイエットの関係というのが注目され続けています。
単純に骨盤とダイエットの関係といっても二通り考えられると思います。

まずダイエットをしてもなかなか痩せられないという点についてですが、
骨盤が歪んだ状態になると神経を圧迫してしまうというケースが出てきます。

神経が圧迫されてしまうと伝達の速度が下がってしまうので例えば食べ物を食べても
脳にお腹が一杯になったという信号が届かなくなってしまいます。

そうするといわゆる過食の状態になってしまうので太る原因になってしまうわけです。
これが骨盤の歪みが太ってしまうという原因を与えてしまうケースの一つです。

もう一つが骨盤の歪みがそのまま体型にダイレクトに影響を与えるケースです。
骨盤に開きや歪みが生じていて、内臓が正常な位置よりも下がってきてしまうというパターンです。

こうなるとその影響がダイレクトに体型に出てしまいます。
いわゆる下腹ポッコリお腹やお尻が大きく見えるというような体型の変化です。

骨盤ダイエットで多いのはこうしたポッコリと出たお腹を骨盤を矯正して元の位置に戻す方法ですね。
ストレッチや骨盤矯正なのでダイエットなどで激しい運動をしなくてもウエストを細くすることができます。

また、内臓が下がってきてしまうと大腸の動きが鈍くなって便秘になったり新陳代謝の低下なども考えられます。
このような仕組みによって骨盤の歪みが体重の増加や体型の変化に影響を与えるというわけです。
おすすめサイト>>>>>産後骨盤ベルトが産後骨盤ケアに必要な理由