汗とはいったい何なんでしょう?

汗には「エクリン腺」から出る汗と
「アポクリン腺」から出る汗があります。

・エクリン腺=体温調整に関わる
・アポクリン腺=体に広く分布。
        成分の99%が水で、残りの1%には尿素
        ミネラルなどの保湿成分、
        感染防御成分が含まれています。

体温が急激に上がった時、“打ち水”のように
気化熱で体温を下げてくれるのが「汗」です。

水を十分に飲んでいなかったり、冷房の中での生活や
運動不足で汗腺機能が衰えていたりすると
汗が出にくくなります。

猛暑での急激な体温上昇に対応できるのは
汗しかありません。
汗がうまくかけないと、体温が下がらず
熱中症になりやすくなるというわけです。

汗をうまくかけない人は、体が冷えています。
原因は、冷たい飲み物や食べ物の摂り過ぎで
内蔵が冷えて、血液の巡りが悪くなっています。
お腹を触ってみて、冷たければ内蔵が冷えています。
汗の種類

こんな症状ありませんか?

◎汗をあまりかかない
◎汗をかき始めると止まらない
◎顔や上半身ばかり汗をかく
◎汗をかいた後、臭う。ベタベタする

☆大粒の汗。どっと流れて止まらない。臭う☆
エクリン汗腺の機能が低下していると、大粒の汗になり
塩化ナトリウムや重炭酸イオンなどの再吸収が間に合わず
汗とともに放出されて、ベタベタする汗になります。

一部の汗腺からダラダラ流れる大粒の汗は
蒸発しにくく、体温がうまく下がりません。
顔や上半身ばかりに汗が出るのは
内蔵や下半身が冷えているからです。
その為、ベタベタしてニオイやすい汗になってしまいます。
いい汗を上手くかくには

まず第一に冷たい飲み物で体を冷やさいないこと!
そして、適度な運動を習慣にして
お風呂はシャワーで済ませず、ぬるめのお湯(38℃~39℃)に
ゆっくり浸かり体を温めましょう。
冷房で冷えた体を温めながら
汗腺をトレーニングすることが大切です。

・体温を一定に保つ
汗の最大の働きが体温調節です。
汗が皮膚から蒸発する時に
皮膚表面の熱を奪い、体温が上昇し過ぎるのを防ぎます。

・肌を保湿し、肌状態を良くする
肌の角層の水分が保たれやすい。
また、アトピー性皮膚炎の人は汗をかかない方が良いと
されてきたが、汗をかいてから水で洗い流すか
拭き取るだけで肌の乾燥が抑えられ、症状が改善したケースもあります。

・皮脂膜を形成しバリア機能を果たす
皮脂腺から出た皮膚と、エクリン腺からの“いい汗”が
混ざり合い、皮脂膜を形成します。
皮脂膜は皮膚をしっかりさせ、細菌の侵入も防ぎます。
さらに、免疫グロブリンとともに皮膚の免疫力を高める効果もあります。
最後に

汗をかくことは、高等な脳を持つ人間にだけ備わった
大切な機能なのです。
いい汗を上手にかいて、熱中症しらずの
健康と綺麗を手に入れましょう!こちらもおすすめ>>>>>歯を白くするなら美白歯磨き粉がおすすめ